印刷が必要な紙媒体とインターネットでの情報の違い

バナー

印刷が必要な紙媒体とインターネットでの情報の違い

世の中がネット社会となって、出版業界の不振がいわれて久しいです。週刊誌の休刊や廃刊など、かつて発行を楽しみにしていた週刊誌がなくなってしまってがっかりなんて声もよく聞きます。

インターネットの普及で紙媒体が減ってきているように感じられますが、実際は今でも紙媒体は多く世の中にあります。

紙媒体は印刷によって行われるので、印刷関連業者は、ネット普及に対向するべく企業努力を続けています。
ネット社会となったとはいえ、それと同時に高齢化社会になることもまた、今の日本です。高齢者の方もいまや、パソコンや携帯電話でインターネットを使用する人が多いですが、なかではネットは一切使用しないという高齢者も多いものです。

そういった高齢者の情報源は、テレビやラジオまた、紙媒体という人が多いのです。印刷業界も高齢者にむけてのサービスをここ10年で急激に増やしてきました。

代表的な例は、新聞の文字を大きくしたことが挙げられます。

最近の若者の新聞離れがいわれ、新聞購読者の大半は高齢者が占める時代はもう来ているのです。
高齢者にとって、毎朝新聞を読むことで一日が始まるという人は少なくありません。

しかし老眼になった高齢者に前の新聞の文字の大きさでは読みにくいといわれていました。各社新聞社はそんな購買層に合わせて文字を大きく印刷するようになったのです。紙媒体は紙に印刷するので、紙のサイズで掲載する情報量に制限が出てきます。

新聞や雑誌が印刷工場で実際に印刷されるまでには、企画考案からレイアウト、執筆、校正を経て印刷されます。
その中で紙媒体の面積内に収まるように情報が取捨され発行されます。
それに比べてインターネットでは紙とは異なり情報は無限に掲載することができます。


ホームページなどを見ると画面下にスクロールすれば、文章がずっと続いているホームページがあるのは、それだけ無限に情報が掲載できるということです。


一見、ホームページの方が情報も多く優れているようですが、紙媒体が印刷されるまでは、多くの人の校閲が入ることが多く、インターネットに比べて情報が精査され間違えないとい利点があります。

http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0722/06419.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/425370/
http://matome.naver.jp/odai/2139843570603475301

サッカーユニフォームのオーダーの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。



どんな人にもショップバッグのことならこちらのサイトをご覧ください。

今年、最も指示を集めた写真スタジオの有益情報を見つけよう。